悪い夢とうつ

いつもいつも不安や心配事があると、毎晩のように悪い夢を見ます。現実の心配事に全く関連しない夢が多いです。例えば子供の頃に飼っていた犬が死にそうになっていたり、自分のせいで行方不明になってしまった、と焦っていたり、そこに落ちている紙切れを拾いたいのにどうしても風に吹かれて拾えなかったり、友達の大事なものを壊してしまったのに私じゃない、と嘘をついてしまってひどく後悔していたり。そんな夢を毎晩見て、不安が極限に達した時に目が覚めます。

今となっては、心配事に直接関連しない夢であっても自分のストレスと関係していることがよくわかります。悪夢を見ることを放置しているとうつがどんどん悪化してしまうこともわかります。

でも、そんな悪夢を見始めた時は、まだストレスを特に感じていませんでした。

私が鈍感なせいもありますが。

夢はある種の指標だと思っています。

このところ、おかしな夢をよく見るな〜、なんて思っている方、気をつけてください。特に、私のように鈍感な方!

もしかしたら、何かご自身で気づいていない不安が潜在意識下でうずまいているかもしれません。私は自分のストレスや不安が溜まっていくことに気が付けませんでした。呑気に、私はストレスなんて溜まらない人間なんだな〜、なんて思っていました。今思えば、夢は私に警告を出していたのだと思います。

忙しい毎日に追われて夢のことなんて後回しになりがちですが、注意してみてくださいね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *