うつ病克服への道(悪化編)2/7

前回の記事では初期症状についてお話ししました。

言うまでもなく、今回は、悪化します。

はじめは、脳がおかしくなったかと思いました。
しばらくすると、なかなか体が思うように動かなくなりました。

ヨガが好きでやっていたので、ヨガをすると一時的に気分が晴れて体の調子も良くなりました。

だから、定期的にヨガをすることにしました。

段々、ヨガができなくなりました。
やりたいのに、体がどうしても動きません。

そのうち、顔に変化が現れました。今となっては、うつっぽい顔、と思うのですが、その時は、顔と目の当たりががむくんで不健康そうな顔だな、と鏡を見て思っていました。

顔の体操なんかもやってみたりしたけど一向に治りませんでした。

この辺りで、焦りと共に諦めが入ってきました。というより、諦めざるを得ないほど、体が動かなくなりました。

1日中ベッドの中でじ〜っとしていることが増えました。
誰にも会わず、会話もせず。
仕事をしないといけない時にはベッドから這い出てなんとかやっていました。
仕事でどうしても外出しないといけない時も、なんとか外出しました。

今になって思うのですが、この頃、もし、私が拘束時間の長い仕事をしていたら、うつ病になったことにもっと早く気が付いていたのではないか、と思います。私よりも先にきっと周囲が気が付いたかもしれません。それが良かったのか悪かったのかはよくわかりませんが。。。

でも、拘束時間が少ない私は、家ではベッドでじ〜っと過ごし、外出する時にはなんとか取り繕うことができていたので、うつになったことに誰にも気が付かれませんでした。

3日間ベッドでじ〜っとしていてもまだ眠れる、と思った時に初めて、これはまずい、どうにかしなくては、と思いました。

ここまで辿り着くのに、初期症状が出始めてからおそらく2〜3年くらいです。

次回、(気付き編)に続きます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *